ASA 世界の人々のためのJICA基金助成工房マハムプロジェクト(2016.3−)
1-5 村に自分たちの工房を作りたい女性たちを応援する

「自分たちの村で働きたい!」「自分たちで自分たちが集い、仕事をする場を作りたい!」を応援する。
この事業は、「世界の人々のためのJICA基金」の助成を受け、スランガニと協力して実施しています。

 
【はじめに】

 アジアを紡ぐ会の前身であるmigiwaの初めての海外プロジェクトがエンピリピティアでの裁縫教室でした。その最初の卒業生であり、その後アシスタントを務めていたマニケが、夫を失い、生まれた村に戻って、親戚の世話をしながら、2人の子どもを育てていました。私たちは、家を空けられないマニケのために手縫いの仕事を発注し、マニケは、姉のマーラや村の女性に助けられながら、小袋や手さげ、ショールなどの小物を制作してきました。
 子ども達がそれぞれ学校に行くようになり手が離れたこともあり、また、コロンボで働いていたマーラが村に帰るにあたって、マニケとマーラは、敷地に工房を建て、そこで村の女性たちと仕事ができないだろうかと相談してきました。

 2016年3月、スリランカの農村開発や住民組織づくりの専門家である税所卓也(会員)に調査を依頼、村でのスモールビジネスの可能性を探りました。村には、仕立て屋がなく、村人は子どもの制服などはバスに乗ってクルネガラに出かけていること、敷地に適当な建築可能地もあり、大工や左官なども手配できること、親戚や村人の共感も得られそうであることなどがわかりました。そこで、4月に、佐野理事長が、現地を確認、以下の3つの合意を得て、事業がスタートしました。

 
@自分たちで計画、交渉して、事業を進める
 A裁縫指導(教室)を中心に事業計画を立てる
 BASAからの発注を当てにせず、村でできる商売を考えること
mahamu

cornerstone
要の石を置きます

construction
スリランカの伝統に則り
起工式をおこないました
volunteer
親戚や近所の人が手伝います

coordinatermeeting

調整役のスランガニのスタッフと
馬場さんと打ち合わせ中
2016年4月------------------

 スリランカの伝統に則り、佳き日を選んで、工事の無事を記念する式を行いました。大工や左官に払う工賃と材料費しか計算していなくて心配した工事費ですが、親戚や近しい人が手伝う「当たり前」が残っている村では、材料の運搬や雑多な仕事は、親戚や近所の人が総出で手伝います。それだけに、工房について親戚(特に男性たち)や村人に受け入れてもらえるよう働きかけなくてはなりません。幸いマーラマニケの叔父であるヘクタへの村人の信頼は厚く、好意的に受け止められているようでした。

 また、女性の社会進出を後押しする風潮も見られ、銀行口座の開設もスムーズに行きました。

 これから現地での調整役となるスランガニ(スランガニ基金から改名)の馬場さんとスタッフや丁寧にこれからの予定を説明します。彼女達には、まず、「自分たちで考え、自分たちの意見を持つ」ことから始めてもらわなくてはなりませんが、これがことのほか大変でした。 

2016年7月------------------

 工房が完成すると、佳き日を選んで開所式を行います。日本からは、佐野理事長と税所さんが参列しました。スランガニのスタッフ、地域の行政官なども参加して、しきたり通りに、贈り物の交換、ランプの点火式、かまどに火を入れ、セレモニーは完了。

 スランガニの馬場さんから手作りのプレートをプレゼントしていただきました。プレートの前で、写真に納まるのが、マニケ(左)とマーラ(右)です。二人ともスリランカスタイルのサリーで正装。とても緊張しています。

オープニング1    オープニング2  
セレモニーの最初は贈り物の交換  
しきたり通りにランプに火をつけます   かまどを作り火を焚きます     馬場さん手作りの工房のプレート

セッション1
馬場さんのセッション

セッション2

税所さんのセッション
2016年8月------------------

 スランガニの馬場さんとスタッフが、工房の始動のためにフォローアップに行ってきました。
 村人の関心も高く、「仕事がもらえるのか?」と訪ねてくる人もあるようです。

 今後の課題は、活動基盤の整備です。
   @ 会計…帳簿付け、出納管理、口座管理、経費管理など
   A 事業計画…いつ、何を、誰と、どうやって
   B 地域、行政との関係形成
   C 縫製技術向上と安定

2016年9月-------------------
 工房の完成を待って、第1回のワークショップを開催。テーマは、仲間づくり。今後の活動と運営の中心となるメンバーを募り、まず、「どんな工房にしたいか」「何をしたいか」を話し合います。自分の意見を持ったり、行ったりすることに慣れていない女性たちは、最初はオドオド…。馬場さんと税所さんの巧みなリードで、自分たちの言葉で話、それぞれの思いを共有するところから仲間づくりは始まりました。




2016年10月------------------

 アジアを紡ぐ会のスタディーツアーで、ウェラワ村を訪問。
 資金稼ぎのバザーを実施。村人も集まって、にぎやかなバザーになりました。
 裁縫教室も実施しました。ツアー参加者が先生になって、パッチワークで針山を作りました。

    


工業ミシンの講習


ミシンの扱いも勉強

マーケットリサーチ


女性銀行の活動を見学
2017年3月------------------

 スランガニからこれまでの活動の様子が送らてきました。
 
 原資づくりに、毎週10ルピー持ち寄っています。小学校の制服を始めましたが、技術不足で断念。枕カバーを作ってみましたが、既製品にはかなわないので、断念。工業ミシンを手に入れ、小物づくりを始めました。
 
(左)クルネガラから先生に来てもらい、工業ミシンの研修。子供を育てながら、職業訓練を受けて、ミシンを身に着けた先生は、身近なモデルとして最適でした。適当に測ればいい、ボールペンを使ってよいなど、「ゆるゆる」の指導も気に入ったようで、何より、どんどん作品ができるので、とても熱心に取り組んでいます。ミシンの調子が悪い時に、自分たちでも調整できるよう、修理の様子を真剣に見ています。

(右)フィールドトリップにも出かけました。マーケットリサーチでは、真剣に商品をチェック。女性銀行も訪問して、活動の様子を見学しまし、自信がついたようです。クルネガラで開かれる小規模ビジネス支援のマーケットに出展すべく、制作に励んでいます。

トップページへトップページへ