ガイドブックなどで、スリランカは“光り輝く島”という意味と広く紹介されていますので、“スリ”が“光り輝く”、“ランカ”が“島”という意味と思われるかもしれませんが、“ランカ”に“島”という意味はありません。

スリランカの仏教のこと、日本とスリランカの関係のこと、開発援助のこと、そしてシンハラ語の特性等、特にシンハラ語の会話で、発音上気をつけること等述べさせていただければ、と存じます。

 日 時:2018年5月26日(土)午後1時半〜3時 (開場 午後1時)

     ※3時から 講師を囲んでの茶話会(1時間程度)を予定しています

 場 所:カルタスホール会議室

 (JR北浦和駅東口徒歩3分、クイーンズ伊勢丹3階)

 話す人:栢森 公子(かやもり きみこ)

 内 容: ◇スリランカの概要と歴史

      ◇スリランカと日本の関係

      ◇シンハラ語の特性と会話

      ※茶話会では、すぐ使えるかんたんなシンハラ語会話をご紹介します。

 定 員:20名 ※先着順

 参加費:300円 資料代として ※会員は無料です

 申込締切:5月21日(火)※定員になり次第締め切ります

お申込みは、特定非営利活動法人アジアを紡ぐ会事務局まで、電話またはメールで!